口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングには種類がある?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/31

経営コンサルティングにはいろいろな種類があり、その定義も幅広いものがあります。

コンサルタントにはそれぞれ得意分野があって、経験や実績が異なるものです。

大きく分けると財務系コンサルタント人事系コンサルタント業務マネジメント系コンサルタントなどがあげられます。

専門家に依頼することで自社の強みや弱みを把握することができ、業務効率化や収益を改善することができるでしょう。

財務系や人事系・業務マネジメント系など種類は様々

財務系コンサルタントの場合、税金対策増資融資や助成金対策などを取り扱っていて新規に資金調達を検討している企業がよく相談しています。

一般的に税理士会計士などがコンサルティングを行っている特徴があります。

人事系コンサルタントでは、残業代や就業規則といった労務問題解決を行ったり、新卒・中途採用時にアドバイスを行うことが可能です。

人材育成などにアドバイスすることもでき、労務問題に関して社会保険労務士が担当していることもあります。

業務マネジメント系コンサルタントの場合、生産品質管理物流業務改善などに特化した経営コンサルタントが担当することが可能です。

業務フローを効率化し、能率を上げ人的リソースを減らしたり人件費を抑えるなどの業務になります。

主に経費削減が目的で、資産の有効活用に長けた経営コンサルタントが多いでしょう。

マーケティング系コンサルタント新規クライアントの開拓流出を防ぐ仕事になります。

例えば現状の営業では売上が伸び悩んでいたり、競合企業にクライアントを取られていて早く打開しなければならない場合によく依頼されています。

新しく商品を開発したが効果的な営業が見つからない際にアドバイスを得ることが可能です。

実際現場において実践できる提案が重要

経営コンサルティングを依頼する際いくつか注意することがあり、例えばどんな種類にでも対応しているといった経営コンサルタントを信頼すると失敗するかもしれません。

なるべく専門分野だけに取り組んでいる企業専門性の高いコンサルタントを依頼した方が良いでしょう。

財務や人事、業務やマーケティングなどは分野が異なるので、すべての分野を実際経験している人は少ないものです。

経営コンサルティングはさまざまな知識やノウハウが必要になりますが、それぞれ机上の理論だけでは現場において使えないこともあります。

コンサルタントにとって理論的な考え方や説明方法は大事な要素になりますが、畑違いのことについて質問してもそれらしい答えが返ってくることもあるでしょう。

理論上だけの意見を取り入れても現場では通用しないことが多く、職場に根付けるような対策が必要です。

利益ばかりを求めるコンサルタントにも要注意で、きちんと対象企業のレベルに合った提案をしてくれることが大切です。

分かりやすく説明してくれたり、具体的な提案を行ってくれるようなコンサルタントだと信頼することができるでしょう。

大学や専門学校などで学ぶことが可能

経営コンサルタントになるには必要な知識を勉強することが重要で、大学やビジネススクールなどで勉強することができ、幅広い分野において学ぶことができます。

コンサルタントとして働くにはクライアントになる経営者と同じ立場で、経営戦略などに関して議論できる知識を保有することが求められます。

大学にある経済学部商学部、大学院などで学ぶことができ、専門学校でも勉強することが可能で、既に就職していて転職する場合、専門学校に通ったりMBA(経営学修士号)を取得すると良いでしょう。

なお、経営や経済のプロを目指すため、さまざまな経済や経営に関する知識が必要になります。

日本国内はもちろん海外も含めて最新の経済の動きを把握することが大切で、リーマンショックやユーロ危機などの出来事は世界経済に大きな影響を与えました。

経営コンサルタントは金融のプロではないですが、経済と金融は密接な関係にあるので金融に関して勉強しておくことをおすすめします。

他にも法律についてある程度知っておくと便利で、税金制度や雇用などの法律は経営者に影響力がかなりあるので、コンサルタントも把握しておくと有益です。

コンサルタントの中には公認会計士や税理士などの資格を活かして、専門的な仕事を行うことがあります。

近年ITの知識語学力も重要で、IT関連の知識を覚えておくと業務効率化を行ったり、経費削減を行うための案件を提示することが可能です。

英語などの高い語学力があるなら、海外進出を目指している企業をサポートしたり現地法人の設立などをバックアップすることができるでしょう。

グローバルに活躍したい人は最低英語のスキルを身につけておくと便利です。

 

経営コンサルティングには財務系や人事系、業務などのいろいろな種類がありますので、依頼する際、現場において実践することができる提案をしてくれるような人を選ぶのが良いでしょう。

コンサルタントになるには大学や専門学校などで学ぶことができ、いろいろな企業で活躍することが可能です。

経営の専門家に依頼することで、業務効率化や収益を改善することができます。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム