口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングの進行方法とは

公開日:2018/10/01  最終更新日:2018/09/20


会社の経営の原則は、ヒトモノカネを効果的に利用して利益を計上し、一般社会に寄与することです。 それを現実にするには、製品開発から始まり生産から販売に達するまで会社活動のプロセスで生ずる諸問題を見える化し、実態を理解した上で最も適した是正策に取り組むことが大切になります。ですから、経営コンサルティングの進行方法について熟知することが、重要になります。

 

コンサルティング開始においての流れ

コンサルタントは、聞くことからスタートするとされています。 とりわけ、戦略立案のためには確実な情報は不可欠といえます。 情報を収集する目的は、クライアントの経営状態の把握、要するに課題の本質を詰めることです。そのためコンサルタントは、まず第一に聞くことから実施します。

コンサルティングに関する要件は、相談があってから、クライアントの会社を訪問し、運営状況、さらに経営課題の調査分析から実施します。そのうえで、 見える化をベースにして、経営の改善計画立案、実施さらに評価のステップを踏まえて、着実に成果が上がるように履行します。現状分析につきましては、詳細に不動産や金融資産並びに財務諸表等に解析を加えます。ひとつの例として、望ましい資産環境に関しては、1つの税目からのポイントだけではなく所得税それから、法人税またキャッシュフローといった角度からトータル的に熟慮することが不可欠です。ありとあらゆる観点により、全体的なシミュレーション分析を実施します。

問合わせから現実の上でコンサルティングをスタートするまで、通常の場合複数回の打合せを実施します。国内、海外に関係なく訪問などを行い充分な打合せを重ねて、クライアントの課題解決にふさわしいコンサルティングの中身、期間などの提案をし、すり合わせを行います。

 

コンサルティング期間においての方策

コンサルティング期間につきましては、相談の中身によりまして数ヶ月~数年など異なってきますが、それぞれの段階において、クライアントの企業が立たされたひとつひとつの状況に応じたアプローチで、コンサルティングを進めます。 まず、実態を調査する期間があります。 クライアントの企業の内容を確認するために、スペシャリストによる財務調査などを行います。調査にあたっては、会社の経営陣のみならず、会社組織内に入り現場の人から事務の実務担当者に至るまで、従業員全ての方からのヒアリングに軸足を置きます。

そして、計画の策定期間に移ります。実相調査をもとに、クライアントの企業のキーマンとの充分な討議に沿って、企業戦略それから、マーケティング戦略を考案した上で、課題解消のための行動計画及び利益計画を構想します。 さらに、計画の実行期間へと移行します。 策定されたプランニングに沿いながら、スケジュールを達成させる実際的な活動を提案した上で、しっかりとモニタリングして、指導サポートを行うことになります。この期間は、プロジェクトの履行に加えて、経営会議、あるいは全体会議など、定例会議を主としてバックアップします。

現状分析を介して明白にしたクライアントの問題点をクリアするため、コンサルタントによる提案書作成をすることになります。提案の中身につきましては、不動産活用それから、金融資産運用、さらに保険活用や運営の改善そして、自社株整理や債務整理、組織再編等広範囲にわたります。ありとあらゆる視点からチェックしクライアントにとって望ましい提案書を提供することになります。

 

コンサルティング後のフォローについて

あらためていうまでもなく、コンサルティングの契約の締結の満了によってクライアントの企業との関係性が完結されるわけではありません。それ以降も企業が着実に施策を成し遂げられるよう、依頼に呼応して必要とされるフォローアップを行います。経営コンサルティングにおきましても、クライアントの抱えている諸問題が解消されるまで、引き続いてバックアップすることになります。

それに加えてクライアントが思い浮かばなかった潜在的問題に関しても洗い出して答えを見いだすことで、より一層の満足と付加価値の高いコンサルティングを実現します。実際的な成果を供与できるよう実行のバックアップの段階までアシストします。フォローメール、あるいはニュースレターなどを1カ月ごとに送り、自律性行動を確固たるものにすることに徹することになります。

 

会社の本業に対して集中するためにも、経営コンサルティングを有効に活用することは、コストパフォーマンスの観点からきわめて効果が期待できます。多くを兼務している多用な経営陣に代わり専門性を供するなど、多種多様な有益性があります。

そして経営コンサルタントと言いますのは、分かりやすく言うと、会社組織の経営に関しての是正策を提案してくれる指南役と同じようなものです。ですから、コンサルティングの適正な進行方法によって経営課題の洗い出しから、実行さらにフォローまで確実に実行することが非常に重要になります。そしてコンサルティングを受ける顧客サイドも進行方法をしっかりと理解することが重要になります。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム