口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングに依頼する目的とは

公開日:2018/10/01  最終更新日:2018/09/20


会社の経営は経営者が行います。経営者には誰もがなれますが、誰もが成功できるわけではありません。売上や利益が伸びていればうまく経営できていそうですが、実際はうまくできていないかもしれず、判断をしてもらう方が良いかもしれません。

 

経営のやり方が正しいかどうかをチェック

中小企業の経営者にはいろいろな経歴があります。まずは自分で一から会社を立ち上げ、今まで経営をしている人です。今まで続けられているのであれば、それなりにうまく経営ができているのかもしれません。

それ以外には二代目や三代目と言われる人です。親が設立した会社を子供だからと引継ぎその後の経営を任されています。それぞれの会社での二代目などの育て方は異なりますが、どちらかといえば現場の仕事はあまり経験させないで、未経験のままに経営に携わさせるケースもあるようです。それでも会社を維持できているなら問題はないですし、二代目以降にぐんと経営が改善するときもあります。

さらには経営者の家族とは全く異なる家計や会社から来て経営をしている人もいます。前の社長の時に経営が傾きかけたので、それを再建するために銀行員などが派遣されるときがあります。それで無事再建ができたのであれば、それも経営がうまくいっている可能性があります。

一応見た目では経営がうまくいっているようでも、それが本当にうまく行えているのかはなかなか自分ではわからないでしょう。経営コンサルティングに依頼する目的として、経営のやり方が正しいかどうかのチェックがあります。会社自体に特に問題はないけども、将来的に不安を持つ経営者はいます。今のまま行っていてもいいのかどうかわからないとき、経営のやり方をみてもらえばそのまま続けるかどうかの判断ができます。改善点などを指摘されれば修正もできます。

 

効率的に経営を行う方法をアドバイス

総資産利益率と呼ばれる指標があります。総資産はその会社の持っているすべての資産を表します。お金や商品などの流動資産であったり、工場や建物などの固定資産、さらにその他の資産を表します。総資産利益率は、これだけの資産を使ってどれくらい利益が得られたかを見るのに使います。業種によって数字は異なり、製造業などは比較的高い数字になります。一方商社などはあまり高くありません。業種によって適正な数字があるため、異なる業種同士で高いか低いかを比較するのはあまりよくありません。この数字を見ると、いかに資産をうまく使って経営できているかがわかりますが、数字が同業の平均よりも低いのであれば効率的でない可能性があります。

経営コンサルティングに依頼する目的として、今以上に効率的に経営をするためのアドバイスをうけるためがあります。会社としては、売上が伸びていて、利益が伸びていれば問題がないかもしれません。しかしせっかくたくさんの資産があるのに、それをうまく使えていないともっと得られる売上や利益が得られていない可能性があります。財務上は総資産に対する利益などで見ますが、現場であれば工場であったり従業員等の使い方に問題があるときもあります。工場に無駄なスペースがあったり、休憩している従業員の姿が多く見られるような会社ではなかなか効率的な経営ができているとは言えません。数字上でチェックをしてもらった後、現場の問題点なども指摘してもらえます。

 

業績が良くないときに経営を改善してもらう

一般的な会社が求めるのは、いかに利益を増やすかになるでしょう。利益が増えればその分会社の資本を増やせます。資本が増えれば会社が大きくなるので、以前よりも大きな経営ができるようになります。商品を販売する会社であれば、より多くの商品を販売できるようになります。利益ではなく損失が増えるとどうなるかですが、逆に資本が減っていき、会社の規模も小さくなります。以前よりも事業ができなくなるかもしれません。どんどん損失が増えてしまうと債務超過に陥ってしまい、企業の再建が難しくなるときがあります。

会社の経営者としては会社を存続させる必要があるでしょうから、何としても立て直すための手段を取る必要があります。経営コンサルティングに依頼する目的としては、業績が良くないときに改善のためのアドバイスをもらうためがあるでしょう。タイミングは様々ですが、利益は出ているが売上が少し落ちてきたときであったり、利益があるもののどんどん減ってきているときなどがあります。この状態だとそれほど大きな問題ではないので、ちょっとした改善で良くなる可能性があります。

問題は利益が出ていない状態、つまりは赤字の状態でしょう。赤字が続いているのは経営上何らかの問題が発生しているためで、いろいろな対策をしても赤字が消えない状態になります。まずは赤字の原因を探してもらい、それを無くす方法をアドバイスしてもらいます。赤字がなくなれば、業績回復に向けてさらにアドバイスをもらいます。

 

会社の経営をしていると、その経営が正しいかどうか不安になるときがあります。専門家にチェックしてもらえば、第三者の目で色々な指摘をしてもらえます。より効率的な経営をするため、悪化した業績を回復するためにアドバイスをもらうときもあります。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム