口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングに依頼をする手順とは

公開日:2018/08/01  最終更新日:2018/09/19

経営の相談をしてくれる会社はたくさんありますが、いろいろな会社を利用するわけではなく、基本的には1社に依頼をして経営の改善などを目指すでしょう。そうすると、1社に依頼するまでの流れがどのようなものか、知っておく必要が出てきます。

 

 

 

複数の業者の中から合うところを選択

ある商品やサービスが特定の1社からしか提供されていないとすると、それを利用したいのであればその会社を利用するしかありません。それ以外に選択肢がない状態です。ただ実際にはそのケースはあまりありません。多くの業者がよく似た商品やサービスの提供をしているので、その中から自分に合った内容の提供ができるところを選ぶことになります。

経営コンサルティングへのまず1つ目の依頼手順としては、数多くある業者の中から自分の悩みに沿ったサービスを提供してくれる業者を見つけることです。わからなければまとめサイトなどを見ると主要な業者を知ることができますし、その他自分で業者を探して、それらの業者のホームページを確認したりしてみましょう。

複数の会社を探した後、実際にコンタクトを取るのは数社になるでしょう。10社あるからといってそれらの会社全てと会うと比較が難しくなります。3社から5社ぐらいに絞り、実際に話を聞きに行きます。ホームページでも情報を得ることができますが、実際に話を聞かないとわからないこともあります。業者によっては訪問してくれるところもあるでしょうが、可能であればその会社の本社であったり営業所で話を聞くといいかもしれません。

そのようにすれば会社の雰囲気を知ることができることに加えて、コンサルタント会社であれば社内にコンサルタントを多く抱えるコンサルタント会社であれば、将来的に実際に担当してくれる人に出会えるかもしれません。ちょっとしたしぐさなどでも、信用できる人かどうかなどが分かりますので、人となり、清潔で明るい雰囲気の会社かどうかも見ておきましょう。

業者が提供するサービスや料金を確認

実際に使う商品などであれば、購入前に試用などをして使い勝手を確かめることができます。一応それぞれの商品のパンフレットなどで機能などをチェックしますが、それだけで購入すると使い勝手に問題が出る時もあります。個人で買うものとなるとそれほど高くないですが、会社などが購入するとなるとそれなりに高いものもあるので、コストに見合うものかどうか検証をしてから決める必要があります。商品などのものであれば他の商品との比較などもしやすいです。実際に使って試すこともできます。

しかしサービスとなるとそれが難しくなります。無料で少しお試し利用してから利用できるものもありますが、経営コンサルティング会社が提供するコンサルタントサービスとなると、試しにちょっと使ってみる、といったことは難しいでしょう。

そこで業者の選定の次として、ある程度に絞れたらそれぞれの会社から見積もりを出してもらいましょう。会社相手のサービスは参考価格などはあるでしょうが、それぞれの会社で料金が変化するときもあります。実際に利用して支払う段階になって想像以上の請求が来たら困ります。多少変動要因はあっても、出せる範囲での見積もりをしてもらいます。さらに依頼したい内容に対する改善計画等を出してもらいます。具体的なものではなく、どれくらいで問題分析をしてどれくらいで改善活動を行い、効果がどれくらいに出てくるかなどの計画です。予算や計画が合う業者に決定をします。

契約をしたら担当者からヒアリングを受ける

コストがかかるサービスを利用するとき、すぐに決めるのではなく慎重に業者選定をしなければいけません。予算に合うのか求めるサービスが受けられるのかを考え、それらに合致した業者と契約を結びます。経営コンサルティングを利用するときは、細かい話をするのは契約をしてからになるため、契約前は大まかな問題提示などしか行えません。それを元に金額提示や簡単なコンサルタントの流れなどを聞いている状態です。

さて、いざ契約した後の流れとして、この案件の担当者と会います。業者によって異なりますが、一人が担当するときもあればチームで担当するときもあるでしょう。担当者の経歴や得意分野などを確認して、ヒアリングを受けます。既にコンサルティングが始まっている状態なので、より細かく内容を伝えていきましょう。契約においては、内部情報などの秘密などに関しては流出しない約束を行っているでしょうから、社外に知られては困るような情報などもこの時に伝えるようにします。

細かいヒアリングが終わると、正式なコンサルタントの内容であったり期間などの話になります。契約前に概要として話して大まかな期間などは聞いています。より細かく提示してもらってから、実際に行動に移していくことになります。この時点で事前の契約内容と大きく異なる状態になったときには、その時出された案の変更などを求める時もあります。コンサルタント会社側も、できるだけ希望に合う対応をしてくれます。

 

コンサルタント業務は目に見える商品ではないので試用等が難しいです。無料お試しなどもあてはまりにくいサービスです。いくつかの業者に絞ったら、ある程度の見積もりと業務計画を提示してもらい、一社に決めて契約をします。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム