口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングに依頼するメリットとデメリット

公開日:2018/08/01  最終更新日:2018/09/13

社長を始めとして経営者が会社の経営を行いますが、なかなかうまく経営できないときがあります。その時に利用できるのが経営に対する問題点などを指摘してくれるサービス、経営コンサルティングです。問題が見つかれば、業績回復の可能性も見えてきます。

 

 

 

財務内容を改善するために利用する

会社の業績がいい時、それは企業の健康診断書ともいえる財務諸表にも現れます。損益計算書には売上の様子や利益の様子がわかりますし、貸借対照表であれば資産や負債、資本の状況が分かります。さらにキャッシュフロー計算書で資金の流れなどもわかるようになっています。経営者とすれば財務の状況を経理担当者から報告を受けたり、小さい会社であれば自分で分析をするときもあるでしょう。ただ財務内容の見方は簡単ではなく、良くない状態になっていてもわかりにくい時もあります。そのままの状態を続けると、どんどん財務内容を悪化させてしまう可能性もあります。

ここで経営コンサルティングに依頼するメリットとしては、専門家の目から見て財務内容がどうなっているかをチェックしてもらえます。いろいろなタイプがいますが、銀行の行員出身であったり、会計士や税理士を兼任している人などもいます。売上は良いけれども資産と負債のバランスが悪いなどの指摘を受け、これからどうやって改善したらいいのかなどをアドバイスしてもらえます。

一方デメリットとしては、定番の経営比率などにこだわった提案をされる可能性があります。売上高に対する利益率や、流動資産と流動負債の比率などをして分析をしますが、必ずしもすべての業種や会社にあてはまるわけではありません。クライアントの状況を把握している人であればそれを加味してアドバイスをもらえますが、依頼した当初はまだ把握できない点もあって、正しいアドバイスにならないときもあります。

新規分野などに進出するときに相談

会社ではそれぞれビジネスを持って運営を行っています。当初はある一つのビジネス分野のみで運営をしているときもありますが、どんどん利用者などが広まれば徐々に市場は狭くなります。競合他社などもどんどん出てくればそれ以上売り上げも利益も上げられない状態になるかもしれません。それでも安定して売り上げが上っていればそのままそのビジネスを続けてもいいでしょうが、どんどん売り上げが下がっているのであれば何らかの方向転換が必要になり、その一つの策として新規分野への進出を模索するときがあります。

経営コンサルティングを活用すると、新規分野に進出するときに起こりうる内容を基にしたアドバイスを受けられます。これまで行ってきたビジネスと同類のビジネスであれば、多少は問題点などを把握できているかもしれません。しかし全く畑違いの分野への進出をしようとするとき、その分野のビジネスに関する知識が乏しい時があります。技術力や商品開発力があったとしても、ビジネスとして成立しなければ進出しても意味がありません。もし進出したとしたら売上がどれくらい見込めて会社の業績にどう影響するかなどの試算などもしてもらえます。

しかし場合によっては、全てのビジネスに精通しているわけではないコンサルタントもいます。あるビジネスへの相談には乗れるが、別のビジネスは畑違いになる、というケースも考えられるので、その時はその分野に精通した人に来てもらえば、適切な対応をしてもらえます。

最新のビジネスの常識を取り入れられる

商品を売るビジネスにおいては、商品を仕入れてそれを販売するのが基本になります。安く売って高く売れれば利益が得られますが、競合会社が出てくれば安く売って市場を奪ってくるかもしれません。となると価格は安くせざるを得ず、どんどん利益も得られなくなります。同じビジネスのやり方をしていると、売上も利益もどんどん失う可能性があります。最近出てきた無料ビジネスでは、客に一定のサービスを無料で提供し、その他のサービスの利用のきっかけにしようとしています。個々の取引で利益を得ようと考える時代にはなかなか考え付きませんが、この方法であればトータルの売上や利益をアップさせられる可能性が出てきます。

最後に経営コンサルティングに依頼するメリットとしては、このような最新のビジネスの常識を教えてもらえることが挙げられるでしょう。会社の経営者の中にはビジネスに長けている人もいますが、物作りに長けている人などはなかなか新しいビジネスなどに取り組むことができません。新しいアイデアを提供してもらうことで、シェアを拡大したりできる可能性があります。ただし、最新のビジネスの常識がすべてのケースに当てはまる訳ではなく、無料ビジネスにしても、どのビジネスでも成功するわけではなく、向いているビジネスがあります。提案されるがままに行った結果うまくいかないときもあります。上手くいかないときはそのビジネス手法はあてはまらないとあきらめて、別の方法を考えるなどしないといけません。

 

このように経営コンサルティングという名の専門家からアドバイスをもらうと、経営が好転するときもあります。ただし必ずしもすべてのアドバイスがその会社に良い結果を与えるわけではありません。会社ごとに性質が異なるので、提案が合わない可能性もあるので注意が必要です。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム