口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

東京の経営コンサルティング会社と「マーケティングの4P」を考えるメリット

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/01/22


4Pはマーケティング戦略における立案や実行プロセスの1つです。Product(プロダクト:製品)やPrice(プライス:価格)、Place(プレイス:流通)やPromotion(プロモーション:販売促進)などの頭文字をとったものになります。東京の経営コンサルティングに依頼すると、いろいろな手法を利用して経営改革へのポイントを明確にできます。

製品や価格・流通や販売促進を活用します

マーケティング戦略における立案や実行プロセスには、マーケティング環境分析や市場機会の発見、セグメンテーション(市場細分化)やターゲティング(市場の絞り込み)などが必要です。ポジショニングやマーケティングミックス(4P)、マーケティング戦略の実行&評価があげられます。

最初に市場における自社の強みや弱みを把握することが大切で、次に立ち位置を決定していきます。どのような製品をどの価格で、どのような経路によって市場に送り出すのかがポイントです。ターゲット層にどう情報を届けるか、戦略を詳細に検討しなければいけません。

そのような場合に利用される手法が4Pで、Product(製品)やPrice(価格)、Place(流通)やPromotion(販売促進)を活用することになります。まずProduct(製品)について品質やデザイン、ブランド名やパッケージなどを考慮しますが、根本には製品を通しクライアントのニーズをどう満たすのか、製品を通し提供できるメリットについて考えていきます。

市場で販売するにおいて価格は重要で、価格設定することにより決定されるのがターゲット層です。適正な利益を得ることができる価格かどうかが、慎重な検討には不可欠になります。

価格により定まったターゲット層に製品を確実に届けるため、どのような形式で製品を市場において流通させるのかがポイントになります。東京にある経営コンサルティングに相談すると、顧客へ確実に製品が届けられるよういろいろなアドバイスを受けることが可能です。

製品を認知してもらう必要があります

Place(流通)は製品を市場において流通させるため、流通経路や販売する場所などが含まれます。実店舗の場合は自社店舗やコンビニエンスストア・百貨店といった形態が多岐にわたっています。立地や店舗数なども考慮する必要があり、近年規模が拡大中のインターネット通販のように、販売までのすべての業務をインターネットにおいて完結させる方法もあるでしょう。

ターゲット層に製品を確実に届けることができる形態になっているかという観点から、その妥当性を検証しなければいけません。どのような経路において販売するかは製品のイメージ戦略に繋がるので、コンビニエンスストアで購入できる商品や、百貨店で取り扱っていないような商品では、製品に対してクライアントが持つイメージは異なるものです。

販売促進も大事なポイントで、製品をいかにして認知してもらうかということがあげられます。製品がどれだけ良くても認知されなければ意味がなく、認知してもらった上で購入してもらえなければ利益がありません。

例えば広告やCMなどがその手法となり、イベント実施やメルマガ送付なども利用することができます。プロモーションに関して情報をターゲット層に届けるという観点より、発信メディアや市場において流す情報、プロモーションにかけるコストを検討しなければいけません。

東京の経営コンサルティングに依頼すると、販売促進まで一貫した助言を得ることができるので利益に繋げることが可能です。

さまざまなフレームワークを活用しよう

4Pにおいて1つの要素だけを考えても、分析を活用したとは言えません。製品と価格などの相互に関連する複数の要素を考慮することによって、初めて分析が効果を発揮することになります。製品に対して価格が妥当であるかなど、各要素において整合性がとられているのがポイントです。

マーケティング担当者の業務範囲において、プロモーション以外の3つの項目について施策をうてないケースもあり、価格や製品の決定が異なる部署において行われることで相互調整が行なわれていないと、一貫した戦略を行なうことが難しくなるかもしれません。4Pを活用することによって、クライアントのニーズを把握することで利益に繋げることができるようになるでしょう。

4Cと言われる手法もあり、これはCustomerValue(顧客にとっての価値)やCustomerCost(顧客が費やすお金)、Communication(顧客とのコミュニケーション)やConvenience(顧客にとっての利便性)などがポイントになります。

4Cの場合はクライアントからの視点にポイントをおいているので、4Pと4Cを利用することでマーケティングプランを立案してみることをおすすめします。いきなりマーケティングプランを立てるのではなく、具体的なターゲットや自社の立ち位置をきちんと設定することが重要です。これらの作業を怠ると曖昧な結果になることがあるので注意しましょう。

東京の経営コンサルティングではいろいろなフレームワークを活用し、各要素を分析しながら利益を享受できるプランを立ててくれます。

 

マーケティングの4P手法を使って、いろいろな要因を分析することができます。顧客のニーズを把握することによって、確実に顧客に届けられる製品やサービスを実現することが可能です。東京の経営コンサルティングに依頼すると、いろいろな角度から分析し最適なプランを提供してくれます。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム