口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングの業界とは?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/27

ここにきて、経営コンサルティング業界に関しては、国内、海外ともに目まぐるしく成長しています。

社会の複雑化とともにコンサルティングの必要性が年々増しているといえます。

そして、多くのケースで有効に活用されています。

 

過去からの流れおよび現在の状況

現在、ありとあらゆる産業のマーケットが目まぐるしい変化の中にいます。

そのことが、まさに第四次産業革命といわれています。

第一次産業革命においては、モノそれから、第二次産業革命においてはカネ、さらに第三次産業革命においては情報の変革が進行してきましたが、この第四次産業革命においてポイントとなるワードはヒトです。

人が実践すべき仕事と、マシーンやAIが行う仕事が分類され、見通しとしてはいままでの重労働の多くのケースはマシーンやAIに任せて、人でないとすることができない仕事に本当の価値をおいていこうというトレンドが、第四次産業革命になります。

そうすると比率が非常に高まるのがサービス業です。

現実の世界で人間の行うサービスこそが経営資源になってきて、そうした流れの中でコンサルの市場にも関心が集まっています。

ここ最近ではコンサルティングファームは大躍動を継続しています。

その背景にあるのは、マーケットの変貌とともに変わるクライアントの声に応えたことにあります。

第四次産業革命においてのマーケットは一変し、今までのままでは生き残れないことになってきています。

一方どのようにして変化に応じたらよいかわからないことも生じていますが、そのタイミングで頼られるのがコンサルタントとなり、こうした目まぐるしい変化の中で動いています。

 

コンサルティングにおいての新たなるトレンド

コンサルティングファームに対しては、戦略系それから、会計系、さらにIT系など多種多様なバリエーションが存在しますが、現在において急伸しているのが特化系統のコンサルティングファームになります。

特殊なフィールドのノウハウを収集して供することで区別化を図っています。

実際のところ、こういった専門コンサルティングファームにおいての採用は、キャリアのあるコンサルタントを呼び寄せてくることが多いです。

まさしくプロフェッショナル集団といえます。

どういったフィールドで援助が要されるのかがはっきりとしているなら専門のほうが安心ですし、特定のフィールドに焦点をあてることで顧客の信頼を得ることが可能です。

そして 今の時代、コンサルティングサービスの意思の決定においてはハイレベルなITが不可欠です。

リアルタイムの重要な情報がわかるビッグデータをリサーチして、現在生じている社会のベクトルをとらえます。

また、ありとあらゆるデジタルメディアを対象にデジタル戦略をたてるケースもあります。

今の情報化社会でどんな人でもデジタルメディアを活用している時代です。

その為コンサルティングを行うのにITは無くてはならない存在といえます。

その上、クライアントのターゲットは民間企業に限らず、自治体にも民間コンサル会社が関係するようになっています。

その一例として人口をいざなって継続可能な地方自治体経営を可能にするために、戦略と実行をフォローしています。

 

コンサルティングにおいての現在の課題

コンサルティングファームの総数が増えてきて、ファーム間の競争相手も多くなってきた現在、ターゲットを大きくしなくては勝ち残れません。

以前まではメジャー会社を対象にしましたが、中小零細企業、あるいはベンチャー企業に関してもターゲットを拡大していくようになってきています。

しかしながらこのポイントで問題になるのがコストパフォーマンスの低さといえます。

実際のところ、メジャー会社でも中小零細企業でもコンサルティングの手間はそれほど変わりません。

その一方で、メジャー会社と照らし合わせると中小零細企業からの報酬のほうが劣ってしまうのが実態といえます。

こうした問題点に対してどのようにして対策を実施していくかがコンサルティングファームとして生き延びるためのキーポイントとなっています。

また、グローバル化が進行した現在において外国企業との関係性をもたざるを得ません。

応対すべきケースは大きく増えているのが現状です。

外国企業をクライアントとした場合を考える必要性が出てきますし、外国の人材に関しても大事になってきます。

国をまたいでの課題にどのようにして対策を実施していくかも、生き残りのキーポイントとなっています。

 

第四次産業革命、さらに、グローバル化やIT化など、現在では多種多様な変化が生じています。

そのような変化に手段を講じていくには、個々では対応が難しくなっています。

変化に対して負けずに、最後まで残るためには外部との協働が必須となっています。

国内ではアメリカやヨーロッパと比べると依然としてコンサルティングの活用率が低いのが現実の姿です。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム