口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルタントはさまざまな業界の知識も持っていないといけない?

公開日:2020/11/01  

経営コンサルタントの仕事は、言わばクライアントである会社の経営を安定させることです。しかし経営と一言で言っても会計や労務・人事、法務にIT等さまざまな分野が安定して成り立つものです。ではクライアントの会社を安定させるために依頼された経営コンサルタントは、これらすべての知識を有していないといけないものなのでしょうか。

そもそもなぜコンサルタントを依頼するのか

会社を経営している方は、何も経営の素人というわけではありません。経営している分野のプロなのですが、クライアントである企業は、そもそもなぜさらにコンサルタントを依頼するのでしょうか。経営者はプロであり、主観的な視点だけでなく客観的な視点も経営において重要なことは充分理解しています。

しかしそれでも客観的を意識していて実は主観的な視点及び思考ではないかと考えてしまいます。誰か第三者的な視点と意見を求めたくなるのは当然で、その意見をもらう相手としたら自社とはまったく関係ない存在です。それが経営コンサルタントです。経営に問題が生じても、自社のスタッフだけでは解決するための知識が不足していることはよくある話です。市場は目まぐるしく変化していくので、それに付いていくことだけでも大変ですが会社は先手を打つことが求められます。

だからこそより広い視点を持っている経営コンサルタントを求め、外部からの知識や運営のノウハウ及びスキルを手に入れたいのです。手に入れることで解決の糸口を見つけやすくなり、会社にもテコを入れることができます。このように第三者的な視点と市場の変化への情報量、そして経営のスキルやノウハウを求めて、コンサルタント会社に依頼するのです。

コンサルタントに求められるスキルや経験

経営コンサルタントに求められるものは多くあります。知識は必要ですが、それと同等に基本となる2つのスキルや経験があります。

1つは論理的な思考力を備えておくことが重要なポイントです。コンサルタントの仕事は助言・指導を行いますが、そのためにはその企業を正確に把握する分析力が求められます。

本質的な問題点を明確に明らかにして、その問題点を段階的に解明し解決方法を逆算して計算する思考力が求められます。論理的な思考力は、仮説をたてて原因を洗い出し、対策を立案することに役立ちます。むしろこのような考え方をしなければコンサルタントはできないといえます。

2つ目はしっかりとクライアントである会社に説明し納得を得られる力です。よくプレゼンテーションといわれるもので、論理的思考で導き出した問題及び解決方法を、自分達で納得するのではなく相手にわかりやすく説明するスキルです。経営者は相応に経営について理解していますが、コンサルタントではありません。

自分達が当たり前にしている用語等も当然クライアントの経営者が知っているわけではありません。誰が聞いてもわかる様に説明するプレゼンテーションスキルは基本です。なぜなら、提案が採用されなければコンサルタントの存在価値はほぼないからです。これら2つの基本的なスキルを備えた上でないと、知識があっても上手く活用することはできないでしょう。

業界の知識は必要だが不要でもある

経営コンサルタントは経営に関わることすべてにおいて知識を有しているわけではありません。当然経営の知識を有しているからコンサルティングできるのですが、何よりもその業界の知識を持っているから重宝されるのです。例え経営のスキルやノウハウを有していても、依頼者の業界情報に明るくなければ、その知識は活かせません。

数ある業界の市場動向や競合する他社の情報や顧客のニーズの動向等をリサーチして熟知しておくべきですし、そもそもそれをクライアントは求めています。クライアントは何もノウハウや自社の問題点の洗い出しを求めているわけではなく、自社が安定して経営できる様に自分達では得られにくい情報も求めています。この希望に答えるためにも、経営コンサルタントは業界情報に明るくなければ成り立ちません。

では、数ある業界すべてをリサーチして知識を備えておかなければならないのでしょうか。業界情報は必須ですが、すべては必要ありません。経営コンサルタントの会社は、必ず特化していた専門にしている分野を持っています。法務なら法務、労務なら労務と専門にしている分野を掲げています。だからクライアントも自社の業界を専門にしているコンサルタントを選びます。経営コンサルタントだからと言って何でも知っていたりできる存在になる必要はなく、負けない専門分野があればいいのです。

 

経営コンサルタントにクライアントが求めるのは、経営のスキルやノウハウに業界の動向やニーズの情報です。だからコンサルタントは、その業界に明るくないと適切な分析やプレゼンテーションができません。ですがコンサルタントだからと言ってすべての業界のことをリサーチし、理解しておく必要はありません。むしろそれができる存在はいません。それぞれのコンサルタント会社は、それぞれ強みと専門分野があります。だからクライアントは自社の業界に明るいコンサルタント会社に依頼するのです。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!