口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングの効果とは?

公開日:2018/11/01  最終更新日:2018/11/08

景気は回復基調にありますが、企業の経営は厳しい状況にあります。
経営者の立場からすれば、収益のさらなる拡大に努力するとともに、可能な限り支出を抑えたいと考えます。

企業にとって一番大きな支出は人件費です。
固定費であるだけに人件費をできれば減らしたいところですが、単純に人員削減を行うと、業績拡大に向けた取組みが不十分になります。
企業にとって負担でありながらも、重要な資源である人材の育成も含めた総合的な計画が必要になります。
その作成を手助けするのが、経営コンサルティングです。

調査分析に基づいた経営コンサルタントの必要性

日本は、グローバル化の進展やIT化の進展により急速に社会が変化し、消費者からのニーズも多様化しています。
この変化に対応できない企業は、競争力を失い、市場からの淘汰を余儀なくされます。

変化が激しい状況においては、素早く変化に対応することが求められます。
すなわち、時間の価値がますます重要になっていることを意味します。
企業内に潜んでいる問題が、何かを契機に損害につながり、企業のダメージになることも考えられます。
この変化への対応を過たないことが、企業の生き残りにとって重要になります。

しかし、経営者はきわめて多忙ですので、気づいている問題点への対応の検討も進まず、加えて気がつかない問題点の洗い出しに着手することも難しい状況にあります。
そこで、経営コンサルティングを活用することによって、問題点の解決、新たなビジネスチャンスの創出、人材育成、業務の改善などの効果を上げることが期待されます。

経営コンサルタントに委託する理由

企業の経営戦略は、本来であれば経営陣がやるべきことであり、当然にできることです。
また、経営戦略という企業の方向性を定める計画立案に外部の会社が関与することは、非常に奇異な印象を受けます。

それでも、あえて経営コンサルタントに委託することの効果は、まず時間の短縮にあります。
経営者には時間が足りていないことはもちろんですが、急速な変化に対応できる時間を短くすることが大切です。
経営コンサルタントは、経営課題の分析に関しての蓄積があり、それらを実際の現場へ適用した経験を持っていますので、それにより早期に、的確な対応にたどり着けることが期待できます。
業種、機能、地域における様々なコンサルタント経験を蓄積し、それを活用する人材もそろえています。
その意味において、業績向上に向け、直接的な貢献が期待できます。

経営コンサルタントへの委託により得られる成果

経営分析のプロである経営コンサルタントは、情報の整理可視化や客観化に炊けています。

企業内や業界においては、様々な情報が共有されていますが、その情報がどういった意味を持ち、他の情報とどのように関連しているかがわからない場合が多くあります。
企業内にある情報を意味のある形で整理し、意味づけするためには、論理的な思考力や問題整理ツールが必要とされますが、経営コンサルタントはそれらを持っています。
情報がわかりやすく整理されれば、会議での議論もより客観的かつ活発に行われ、意思決定の精度が上がり、迅速な判断が期待できます。
また、第三者的な視点から見てもらえますので、企業の常識と消費者の意識を比較することができます。

加えて、企業内ではジェネラリストが多く、定期的な人事異動により専門性を有する人材育成が難しい面があります。
しかし、経営コンサルタントは、マーケティング財務業務効率などそれぞれの分野に関する深い知見を持っていますので、一つの分野を深く掘り下げて分析することができるので、その意味でも広く、深い知見を有していると言えます。

さらに他業種の知見も持っていますので、それを応用することで、自業種の大幅な改善や新しい提案につながる可能性あります。
経営コンサルタントによっては、分析を企業の社員に行ってもらうことが多くあります。
委託費用の削減につながることはもちろんですが、経営分析などに関してコンサルタント的な視点を持った社員の育成ができます。
コンサルティングのノウハウを社員が身につけることで、自前でコンサルタントをできるようになるとともに、経営改善を不断に行うことができるようになります。

 

グローバル化やIT化の進展は、もはや止めることはできず、ますます急速に進展していきます。
これにより、社会もますます急速に変化し、これまで以上に多様化していくことが予想されます。
社会の急速な変化に対応する経営改革が必要ですが、多忙な経営者にはなかなか難しく、また自らの力で自社の内容を分析することは困難です。

そこで、専門の経営コンサルタントに委託することで、経営改善に向けた時間を短縮して、問題点への対応を素早く行うことが期待できます。
経営コンサルタントは、様々な知見を蓄積していますので、様々な角度から分析し、問題点の洗い出しや解決策の提示を行ってくれます。
第三者が分析してくれることで、より客観的な分析が期待できる上に、分析に社員も参加させることで、コンサルタントの視点を持った社員の育成にもつながります。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム