口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

常駐の経営コンサルティングの内容とは

公開日:2021/08/01  


東京で経営コンサルティングを担ってくれる事務所を探すことは難しくありません。しかし、常駐で依頼するのか、それとも臨時でお願いするのかで、変わる部分が多いです。そこで本記事では、東京で経営コンサルティングを探すときの基本と、常駐型と臨時型の経営コンサルティングについて説明していきます。

そもそも経営コンサルティングとは何?

会社で問題が発生する問題はいろいろありますが、たとえば資金関連では創業期と成長期、突発事故発生の3つが危ないといわれていますし、顧客対応や施設増築などでもさまざまなトラブルが起きるものです。もちろん、社長や幹部、スタッフの自助努力で乗り切れる可能性もないわけではありません。

しかし、資金面も含めて専門性が問われる問題もありますし、場合によっては社外の人にアドバイスを仰いだ方がよいケースも少なからずあります。そういった場合に、経営コンサルティングを依頼するという選択肢があります。 「経営コンサルタント」という資格の特定の専門職があるわけではありませんので、関連する資格としては弁護士や司法書士、税理士や中小企業診断士などが挙げられます。

そういった点を勘案するのであれば、たとえば法律関係で困っているのだとすれば弁護士の経営コンサルティングをお願いし、税理関係だったら税理士にお願いするということで「問題に応じて専門家を常駐か臨時かで雇うことである」と解釈するのも一つです。 常駐にしておけば、トラブル発生時にゼロから専門家を探す手間が省けますし、困ったときには即問題に対応してもらえるという点で大きいメリットがあります。

会社の事情を分かった上で、行動をしてもらえる度合いが大きいという点も見逃せないポイントです。常駐してもらう分だけ、臨時雇いの場合よりも値段が高くついてしまうデメリットもないではありませんが、その分を差し引くとしても専門家の有無で安定感が変わる事柄がたくさんあります。これらの点をしっかり理解しているならば、東京は首都でもありますし、専門家を探すことは難しくありません。

依頼料はどれくらいの値段が相場?

専門家の事務所による違いがありますので、一概にいえませんが月単位でお願いする形式と日額や時間給計算形式の2通りが多いです。常駐の場合は、月計算採用のことが多く、仕事の内容によって250万~600万がおおよその相場です。日額や時間給計算だと、1日で10万~50万前後と考えておくとよいでしょう。

ちなみに「個人経営で店員も自分1人」というようなケースの場合は、割引されるケースも多いです。他にも店員が数人規模というようなときには月額20万程度という場合もあり、その逆で50人を超えた場合は40万~50万クラスということもあります。ただ、全体でみた場合の平均額としては、おおよそ30万円クラスが多い傾向があります。状況によっては、個人ではなく複数の専門家が来るようなケースもあり、その場合は人数分の料金が必要になることが多いです。

ただ、複数の専門家が必要になるような特殊な場合を除けば、100万円以上になるということは滅多にないでしょう。大概は上限を50万円程度で計算しておくと、その範囲で収まることが多いので、覚えておきましょう。

最後に個人単位で依頼した場合の料金の相場ですが、法人利用の場合の3分の1程度と考えておけば大丈夫です。つまり、おおよそ計算で数万円~10万円前後位で相場ということです。法人依頼のときのような、50万円もするといったことは非常に稀です。

利用する場合に把握しておくべきこと

東京も含めてどこで依頼する場合も共通ですが、まず、現在困っている問題が法律なのか税理なのかという具合に、必要となる専門家を選ぶのが第1段階です。次に「来てもらった専門家に、何をしてもらいたいのか」と「そのために会社は何を提供できるのか」という内容を整理することを行います。

たとえば法律関係でしたら、「スタッフに事故があった場合の対応」だったり「顧客のクレーム対応」などいろいろありますが、一つ取ったとしてもやることは多いものです。 いずれも片手間でやれることではなく、「法律関係で困っているから全体的にチェックしてほしい」などの漠然とした話で進めてしまうと、一分野の密度が浅い結果に終わってしまい依頼料が実質無意味になってしまうということにもなりかねません。

依頼をするのならば、ピンポイントで困っていることに対応してもらえるよう、できるだけ内容を絞っておくことが大前提になります。専門家に常駐してもらうのか否かを決めるという点でも、「その問題は仕事の関係上定期に必ず発生するのか、それとも突発事故なのか」で判断がまったく変わってきます。

経営コンサルティングにできることは、「経営の合理化」と「有望なサービスの提供」、そして「社員のモチベーションを高める計画の立案」の3点となります。それをうまくやってもらうという点で、目的の明確化と、そのために会社側として具体的に何ができるのかを示すことは不可欠です。

 

経営コンサルティングとは、法律や税務などの経営問題に関して専門家を雇って対応してもらうことです。依頼する専門家によって、コンサルティング内容や料金も変わりますが常駐してもらうとトラブル時に即対応してもらえるという点で大きいメリットがあります。そして常駐か臨時かを決めるためにも、できるだけ困っている問題をどうしてほしいのかを整理することが重要です。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!