口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティングとの相談では何を話すべき?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/03

会社経営でも自営でも経営がうまくいかなくなると専門家に相談したくなると思います。そんなときには経営コンサルタントに相談しましょう。世の中には多数の経営コンサルタントがいます。

ここでは、経営コンサルタントに何をどのように相談すればいいのか考えてみましょう。

 

経営コンサルタントとはどんな仕事?

経営コンサルティングとは、あなたの会社や商店などの経営状態を把握して、今後の方針や系家体質の強化をアドバイスするのが仕事です。依頼主の要望に合わせて人事や賃金の見直しから、経営の栗塚や合理化のための見直し、設備投資計画などの作成を行います。

もし、依頼主から提出された資料が不足している場合は、独自に調査する力も持っています。また、経営コンサルタントは、日常的に企業向けに従業員の能力開発セミナーなどの講師をすることもあります。

経営コンサルタントは、常日頃から企業の経営指導をおこなうために、日頃から国内外の経済動向をしっかりと監視し、法規制や法改正の動き、IT関連企業の開発情報、雇用や賃金の情報などを常に収集と分析をおこなっていて、それを日頃の仕事に生かしています。

 

経営コンサルタントの強みとは?

経営コンサルタントの強みとは、クライアントの強みを生かした経営戦略を策定できることが挙げられます。

また、その経営計画に基づく方針を徹底管理し、売上や利益をもたらす営業機能の受注成功率を向上するためのプロセスを設計することにあります。営業を始めとして、方針に沿って行動させ、結果を出した十調印を高く評価してそれなりの処遇を持たせることも役割です。

なお、軽奥的に次の担い手を意識して人材を育成する力も持っています。経営コンサルタントにとってはこれらのことが欠かせない要素となります。近年では、マネジメントシステムも大切になっています。

特に大企業の中では人事や営業を中心としてコンサルティングしていく中で、東京などではISO9001などの認証取得をとりたいというクライアントも多いのです。このような規格を取得することは、経営活動におけるマネジメントシステムの重要性と、有効性を肌身で感じられるということになります。

ISO9001の本当の目的である、顧客満足に実現とマネジメントシステムの継続的改善ができれば、品質マネージメントだけではなく全ての経営について応用できますので、経営活動にとって大きな武器となるのです。

 

経営コンサルタントに相談すべき内容

では一体経緯コンサルタントにどのようなことを相談すれば良いのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

経営コンサルタントと話すとまず「人材の定義」や「収益性」ということに直面します。今まで一人で頑張ってきた人は、自分の立てた売上予算に対してノルマを実現することしか念頭になかったかもしれません。

しかし、経営コンサルタントと話すレベルにおいては、会社全体としての人材や収益性がとても大切となるのです。経営コンサルタントを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。

それがイメージできないと経営コンサルタントを利用しても意味がありません。一番代表的なメリットとしては、外部から知識やノウハウを直接移入できることにあります。通常会社では、経営者が会社の方針を立てていますが、企業によっては社長の独断となってはいないでしょうか。

それを第三者目線から弱点を指摘してもらえるのはとても良い機会と考えられます。経営コンサルタントの話は素直に聞くのが大切です。次のメリットとしてあげられるのが、客観性の担保、およびそれによる説得力の補強です。

これまで、社長の独断で会社を動かしてはいなかったでしょうか。それでは、場合によっては部下と意見が合わず、部下のモチベーションを下げてしまうことにもなりかねないのです。経営コンサルタントは、こういったことを第三者的な視点から指摘してくれます。

また、意外なメリットとしては、採用リスクの回避があります。人の採用をする際には、万全な入社試験をおこなったにも関わらず、いざ入社させると意見が合わずすぐに退職されてしまったという経験はないでしょうか。

会社としては一度入社させた人間を解雇することは、社会的信用を失いかねないことにもなりかねません。採用は慎重におこなう必要があります。この採用リスクを最小限に抑えてくれるのが経営コンサルトなのです。経営コンサルタントに相談すべき内容としては、自社のありのままを提示して、意見を素直に聞くということにありそうです。

では、経営コンサルタントはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。一般的には、月額契約プランの場合は、月額250万円から600万円程度が相場になっています。時間給プランであると日額10万円から60万円となります。

もし個人がコンサルティングサービスを受ける場合には格安になる可能性もあるので交渉してみましょう。コンサルティング料金はとても高額なものに思えますが、現実的に考えてみると、前述した料金形態にて経営コンサルタントの時給としては3万円程度となります。会社が立ち直るとすれば時給3万円の人を雇ったとしても会社としては損はないのではないでしょうか。

 

経営コンサルタントは、顧客の企業を分析して冷静な判断をしてくれます。必要に応じてIOS9001の取得にも協力してくれるでしょう。ISO9001を取得すれば、会社の経営も健全化できますし、何より外部の業者があなたの企業を見る目が変わってきます。

また、場合によってはあなたの会社は社長によるワンマン経営となってはいないでしょうか。そんな経営状態を冷静に第三者的な立場から見直して指摘してくれるのが経営コンサルタントなのです。経営コンサルタントのいうことは素直に聞いておいた方が良いでしょう。

 

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム