口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルタントの必要性とは?賢く活用して新たな企業価値の創出を目指そう!

公開日:2022/12/01  


経営コンサルタントを活用している企業は少なくありません。とくに中小企業において、経営コンサルタントは大切なパートナーになりえる存在です。今回紹介する、経営コンサルタントの必要性と活用方法を参考にして、生き残るための経営戦略を考えられる企業、強い競争力をもつ企業の創出を目指しましょう。

経営コンサルタントとは?

経営コンサルタントとは、その名のとおり経営についてアドバイスをする専門家です。具体的な業務内容として「現状を改善する方法が分からない会社のために、進むべき方向性や改善策を提案すること」「利益が得られる正しい経営のためのサポートをすること」「会社の課題を改善・解決すること」「新しいビジネスチャンスを探し、さらなる事業の飛躍を目指すこと」などがあげられます。競争力のない企業が淘汰される現代社会において、生き残るための戦略を提案してくれる存在こそが経営コンサルタントです。財務・法務・総務・人事・経営戦略・マーケティング・監査など、さまざまな角度からのサポートが期待できます。

中小企業診断士

経営コンサルタントには明確な認定基準がありません。言い換えれば、誰でも経営コンサルタントを名乗ることできます。そこで注目されるのが、経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士です。中小企業診断士の資格では、企業経営に関わる知識を横断的に身につけられ、経営課題の解決策の立案力をもつことができます。経営コンサルタントになるための必須の資格ではないものの、経営コンサルタントに関わる国家資格があることを知っておくとよいでしょう。

経営コンサルタントの必要性

たとえば、2025年の壁とよばれる中小企業の事業承継問題があります。2018年に経済産業省が発表したデータによると、2025年には245万人の経営者が70歳以上となり、半数が後継者未定とのことです。

このような状況を解決するためにも、働き手が減少する一方である現在において人材確保をするためにも、経営コンサルタントは必要であると考えられています。そもそも、企業の人間は自社を社外の視点で見られません。自社を取り巻く経営環境・外部からのイメージ・抱えている経営問題などを、公平な目で判断できるのは社外の人間のみです。

さらに、経営者の相談相手として経営や人材に関する専門知識を保有している人間は限られています。つまり、閉鎖的かつ視野が狭い状況下にいる経営者のサポートをしてくれる存在となりえるのが、経営コンサルタントです。社外からの視点で会社を正確に分析し、多くの企業をサポートしてきた実績と経験を活かして、事業改善・サポートを行ってくれる経営コンサルタントは、とくに中小企業には高い需要があるといえるでしょう。

経営コンサルタントの上手な活用方法

経営コンサルタントにただ依頼するだけでは、期待している成果を得ることができない恐れがあります。つづいて紹介する経営コンサルタントの上手な活用方法を参考にし、成果を得ましょう。

できる限り希望を受け入れる

経営コンサルタントに依頼する際、しばらくはコンサルタントの希望を受け入れるようにするのがおすすめです。とくに、打ち合わせや調査に関してはできるだけ要望を聞きましょう。経営コンサルタントにはさまざまな情報が必要であり、企業の状況を正確に把握しなければ適切に判斷できません。情報に関する点においては、可能な限り対応するとよいです。

立案内容の意図を把握する

経営コンサルタントから提案される改善策は、すべて受け入れる必要はありません。企業のポリシーに反していることや、立案内容に納得できない場合は、立案内容の意図や目的を確認するようにします。しっかりと納得いくまで話し合ってから実行するようにしましょう。立案内容の意図を把握することは、目指すべき方向性や足並みを揃えるためにも、経営コンサルタントとの相性を確認するためにも重要です。

任せきりにしない

経営コンサルタントはサポートしてくれる相手であり、よき相談者でもあります。経営問題などを解決・改善するための心強いパートナーとなることでしょう。とはいえ、経営コンサルタントに任せきりにしてはいけません。不安視している点や、経営コンサルタントを活用したうえでどのように変わったのかの現状把握、改善したい点、期待している成果を明確化するなど、できることは行うようにします。

社内の問題を一番把握できるのは社内の人間であるため、経営コンサルタントでは知り得ない情報や状況を把握して提供するのです。情報が多ければ多いほど、経営コンサルタントは確かな戦略を練ってくれます。言い換えれば、企業側と経営コンサルタントが互いに手を取り合うことで、確かな成果をうむことができるといえるでしょう。

まとめ

企業に属している経営者がどれだけ経営の知識を身に付けていたとしても、社外からの視点で企業を見ることはむずかしいといえます。一方。経営コンサルタントは、経営において多角的な視点をもっているだけでなく、社外の視点から企業を判斷できる存在です。経営者がカバーできない点をサポートしてくれることが期待できます。紹介した活用方法を参考に、実益が得られる企業創出を目指してください。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!