口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

怪しい経営コンサルタントを見極める方法について解説!

公開日:2022/09/01  


経営コンサルタントと聞くと大半の人は「なんか怪しい…」と感じるのではないでしょうか?しかし一概に経営コンサルタント全てが怪しいわけではありません。では、なぜ経営コンサルタントは怪しく見えてしまうのでしょうか?本記事では経営コンサルタントが怪しく見える理由と、怪しい経営コンサルタントを見分ける方法について解説します。

経営コンサルタントはなぜ怪しく見えるのか?

経営コンサルタントに限らず「コンサルタントは怪しい」と言われがちです。なぜそのような現象が起こるのでしょうか?ここではコンサルタントが怪しいと言われる理由についてお伝えします。

コンサルタント自身の価値を証明するのが難しい

商品=物として存在するものであれば価値を証明するのは何ら難しい事ではありません。なぜなら「この包丁はよく切れる」を証明するのであれば、試し切りをいくつかの包丁で行えば良いからです。本でも試し読みができたり、服も試着ができたりしますね。

しかし経営コンサルタントというのはサービスを商品として売っている訳なので、商品を見ることはできません。そのため買い手にとっては自分が欲しい商品なのか判別するのが非常に難しく「リスクが高い」という印象を与えてしまうのです。

専門性が高い・成功が分かりにくい

専門性が高い職業にはコンサルタントという職業が多くなります。なぜなら一般人には分からない難しい分野を勉強してきているからです。しかしその一方で専門性が高いからこそ、コンサルタントの方に戦略や経営方針を委ねるしかなく不安も多くなるのです。コンサルティングに限らず、医療現場も営業方針は似ています。専門的な範囲であるため、一般人にはどのような治療をしたらよいか分からないけれど高額なお金を支払い治療してもらうはずです。

唯一の違いはマイナスから0に戻すか、0の状態からプラスに持っていくのかです。医療現場の場合は怪我や病気にかかったマイナスの状態から「元に戻す」つまり0の状態に戻すのが仕事です。そのため治ったという成功がとても分かりやすいと言えます。

しかしコンサルティングの場合は0の状態つまり「現状」からプラスの利益を生み出さなければなりません。これは「どこが成功か」「何をしたら成功か」が会社や個人によって異なるため、コンサルティングは失敗も多く「成果が出なかった=怪しい」というレッテルを貼られているのです。

怪しい経営コンサルタントの特徴

ここからは怪しいコンサルタントの特徴を紹介します。

名前先行型コンサルタント

コンサルタントは資格が必要ないため、医師や弁護士と比べて参入障壁が低いのが特徴です。集客するには自分がどんなコンサルタントなのかSNSなどを通じて発信する必要がありますが、その際に「イケメンコンサルタント」「成功コンサルタント」など実績やコンサルタントにあまり関係ない名前をつけている場合には注意が必要です。

なぜならその人がどのようなコンサルタントができて、実績がどの程度あるのかが理解できないからです。このような名前先行型のコンサルタントにはコンサルティングを依頼しないか、無料相談などで一度話を聞くことをおすすめします。

難しい言葉を多用する

コンサルティングには専門的なことが多いため、専門用語が多くなりがちです。そのような場合であっても優秀な方であれば、できるだけ横文字を避けてわかりやすい言葉で話してくれるものです。

しかし悪質な業者は、自身の知識などを押し付けるように難しい言葉を使って説得してきます。「説明がわかりにくい」「難しい専門用語を多用する」というのは怪しい経営コンサルタントの特徴といえるでしょう。

怪しい経営コンサルタントを見極める方法

コンサルティングを依頼したいが、お金を支払ったのに成果が出なければ意味がありません。ここからは怪しいコンサルタントを見極める方法を紹介しますので、頭の片隅にでも入れておきましょう。

経営の専門知識を身につけておく

怪しいコンサルタントを見分ける一番効果的な方法は、経営の専門知識を身に付けておくことです。しかしこれは一番有効なように思えて本末転倒とも言えます。経営の方針がわからないからコンサルティングの専門家に依頼しようと考えているのに、自身で勉強し経営の方法が理解できるのであれば、コンサルタントを依頼する必要はありません。

しかし全く知識がないこともコンサルタントの方が何をしているのか分からず危険です。そのため勉強して知識をつけるまで行かなくとも、リサーチ程度にコンサルタントや経営のことを調べておくと良いでしょう。

お試し期間の有無

ボールペンでの試し書きや、飲食店の試食などと同じで、コンサルをお試しする機会があれば、安心できるのではないでしょうか?怪しい経営コンサルタントと見分けるためには、お試し期間の有無を聞いてみるのも一つの方法です。

コンサルティングでは「○時間の無料相談受け付け中」などお試しができる何かを用意していることが多いため、利用してみましょう。その際は、自分の悩みを1つか2つ用意し、話を聞くだけではなく相手の能力を確かめるようにしてください。

まとめ

今回は怪しい経営コンサルタントの見分け方と、なぜ経営コンサルタントが怪しく見えるのかを解説しました。経営コンサルタントは資格がない以上、新規参入がしやすく実力のないコンサルタントがいるのも事実です。しかし経営コンサルタントの中にはしっかり実力のある方もいるので、怪しいコンサルタントに依頼しないよう知識を身に付けておく必要があります。怪しい経営コンサルタントに騙されないよう、経営について少しでも勉強しておくと良いですね。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!