口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

社員のために東京の経営コンサルティングの導入を検討するときのポイント

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/06

社員のプロジェクトを進めていくときに、近年は東京の外部の経営コンサルティングを導入することが増えています。

この時には、選定基準に技術的なスキルも重要ですがそれ以外に見逃しやすいポイントもあります。

今回は実際に東京の経営コンサルティングを選ぶときに重要となるポイントなどを具体的に紹介します。

経営コンサルティングに依頼する前の準備

社員のために東京の経営コンサルティングを導入するときには、課題に対してコンサルタントが適切かどうか検討する必要があり、解決策には社内での解決や人材採用、業務委託などもあり相互に検討することなります。

実際に経営コンサルティングを利用するメリットには、社内では解決が難しいときや必要な人材採用や育成が難しい、業務委託が不向きな場合や否定型の業務でクリエイティビティが要求される場合です。他にも外部専門家の客観的な見識やアドバイスがいる時や、緊急または時間的な制約、予算なども関係します。

他の方法よりも導入する方がメリットがあると判断した時に、具体的な候補先を選んでいきます。 中でも予算と費用の効果が気になりますが、正しく選ぶことで社内で時間や手間をかけるよりも素早く安価に効果が上がることも多く、内部のコストは案外高くなりやすいです。

自社の課題が不明でそれで依頼するときは、予備的な診断と正式依頼で検討することも可能で、どうしたらよいか分からない時や意思決定が不能な状態のまま時間ばかり浪費するよりは良いです。 どのような購買や調達でも1社指名の発注にはリスクがあり、指名発注は信頼関係の下で素早く物事を進められますが、割高な見積もり金額や比較対象がないので評価基準が甘くなること、馴れ合い関係でコミットメント意識が薄れます。

最適な購買は比較が必須で、長い取引関係がある企業があっても緊張感を持ってプロジェクトに挑んでもらうには経営コンサルトを複数から選ぶことが欠かせません。

依頼するコンサルタントの選定の仕方

東京の経営コンサルティングの選び方は、インターネットのカテゴリとキーワードでの検索やアウトソーシング系のポータルサイトなどから探せます。コンサルタントは同じ組織に所属しても個人能力がかなり違い、社名やブランド、大手だからといった理由だけで選ぶのは危険です。

候補先が複数ある時は1次選考をするために問い合わせをして、文書化した方がよいので電子メールが良いです。 この時に注意したいポイントが、自社の機密事項に注意して質問することと質問項目を先に決めて、候補先に同じ条件と内容ですることです。

例えば会社の業種や規模に地域、現状と課題や想定するあるべき姿、期間や予算、課題の優先順位などがあります。 また、候補先のコンサルタントの得意分野や守備範囲、類似や参考になる事例や実績なども確認したいところです。

返答に対して、質問に対しての的確な答えがあるか、仮説立案能力、想像力やレスポンスの速さ、誠実さなども判断材料になり、対称となる候補先が多いときはサイト情報から良いところを任意で判断します。 候補を絞り込んだら要望を伝えるミニ説明会を開催し、機密事項が含まれるときは事前に機密保持契約(NDA)に署名してもらいます。

依頼事項を伝えるときは、プロジェクトの背景や目的、成果目標に期間・スケジュールに予算などを明確にし、特に経営コンサルティングは成果の定義があいまいだと失敗する危険性もあるので出来るなら数字で評価します。

説明からプレゼンテーションについて

経営コンサルティングの説明会は、コンサルタントの着眼点と関心事、質問能力を本提案の前に確認し、会話が弾まないときやかみ合わないときは経歴書が良くても依頼は避けた方が良いです。 形式的な説明や表面的な質問、自社PRに終始する場合も危険で、このようなコンサルタントは自社の利益には関心があってもクライアントの課題解決に関心がないです。課題に対して突っ込んだ本質的な質問がある時や、課題に対して真摯な関心が感じられるときは有望です。

次に、複数名でプレゼンテーションを受けて、時間は質疑を含めて1社あたり1時間程度です。 ここで提案された内容で確認したのは、自社の要求に対するソリューションの提示や実行プロセスが適切、付加価値の高い提案が盛り込まれていること、目的・手段など論理的に妥当性があるかです。

他にもリソースの制約を含めて実行可能性が高い、担当コンサルタントの技術力、経歴、過去の実績も重要です。 本質に関係ない関連資料やデータが多い資料だと、コンサルティングは没個性的で画期的な成果が期待出来ません。

提案書は記載されていることも大切ですが、書いてない部分にも着目すると色々見えてきます。複数の提案書を比較すると違いも分かりやすいです。 一般的に、依頼企業の課題や問題点を丁寧にトレースしながら、具体的なソリューションにつながっていると優れた成果が出やすいです。逆に依頼企業の課題にあまり触れないで、コンサルタント側の一方的なソリューションばかりだと注意が必要で、こちらの事情を考えずに独りよがりな仕事になったりします。

 

東京の経営コンサルティングを導入するときは、コンサルタントに対して面白い仕事だと本気で取り組んでもらえる環境を造ることも大事です。依頼する方も情熱を向けたプロの仕事をしてもらうかが注目したいところです。優秀な所へ依頼すれば社員のためにも最善な対策になります。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム