口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルタントと戦略コンサルタントの違いって?

公開日:2018/10/15  最終更新日:2018/09/25


経営コンサルティングと戦略コンサルティングの違いとは何でしょうか。よく似ているので区別が良くつかないのですが、この二つの職業は、役割が違います。
コンサルティングというのは、企業を経営するうえでの何らかの課題を、相談の上解決する役割をする仕事の事です。
役員クラスの人の相談に乗って、その企業がさらに大きくなるように手伝いをする役割を果たします。

 

まずコンサルティングとはどんな仕事でしょうか

コンサルティングをする、個人または企業の事を「コンサルタント」と呼びます。役員クラスの人の相談に乗って、その人が抱える業務上の問題を、解決しなくてはいけないのですから、高い能力が要求される仕事ですね。依頼者よりも、経営についてのアイデアが豊富でないとできない仕事です。まず、経営について詳しくないといけないですし、相談を受けたことに対して、解決策を打ち出せるくらいの、高いレベルの専門知識と企業センスが問われることになります。

コンサルタントを名乗るためには、特に資格は必要ないそうです。コンサルタントは対応する業種によって、いくつもの種類に分かれています。開業するために、必須の資格は必要がない分野が多いのですが、持っておいた方が有利になる資格はいくつかあります。資格がなくてもなれるとはいっても、だれにでもできる仕事ではないのは明白です。

コンサルタントの仕事は、従来から日本にある「顧問」という役割と似ています。日本の企業で顧問というと、政界や財界で経験を積んだ人物が特定の企業の相談役になる事です。個人レベルで相談に乗ったり、企業内にて顧問や相談役という役職につくことになります。コンサルティングは、アメリカなどで発展した職業で、特定の分野で、いくつもの企業で経験を積んだ人物が、顧問業を営むことが専門職として確立したのです。日本の顧問とは似て非なるものがあります。最近では問題解決のためにアイデアを提供するだけでなく、実務も受け持つコンサルタントが多いようです。

 

経営コンサルティングの特徴はこちらです

経営コンサルタントは、依頼者の経営を指南する役割を持ちます。長年企業で経験を積んだ年配のコンサルタントが活躍しています。自分で起業して成功を収めた人が、コンサルタントとしての活動を始めるパターンもあります。今までの成功経験をもとに、相談内容に対してこうするべきという答えを出すのです。

経営コンサルタントを名乗るための資格はありません。民間資格も国家資格も必要ないのです。理屈の上では誰でもなれることになりますが、本人がそれなりに名の知れた企業の役員だったとか、個人で経営していた企業が成功を収めているとか、有名なコンサルティング会社に勤めているなどの、何か信用できる要素がないと、依頼者はあらわれないと思います。依頼者は企業もしくは個人であり、経営についての相談から、時には個人的な税金対策などの悩みについても相談になることがあります。

依頼主は経営状態が良くないのはわかっているが、問題がどこにあるのかがわからない状態が多いです。もしくは問題はわかっているけれど、どう解決すればいいのかわからないケースがあります。解決策はわかっているけれど、それを実行する能力のある人が内部にいないために、コンサルタントを頼る場合もあります。人材の育成がしたくても、教育方法がわからない人ばかりだったときなど、社員研修の講師役を任されることがあります。最終的に目指すものは、依頼してきた企業や個人が、相談役がいなくても独り立ちできる状態にまで改善することです。

 

経営コンサルティングと戦略コンサルティングの違い

経営コンサルティングの方法についてはわかりましたが、経営コンサルタントと戦略コンサルタントでは、いったい何がちがうのでしょう。経営コンサルタントは個人の信念に従って、それについていく形になりがちです。たとえ企業内で重要な役割を長年果たしてきたとか、経営していた企業が大成功を収めたとかの、社会的に成功を収めた人物であっても、その経験は個人的な物であり、問題解決の方法がこの世の誰にでも適合する方法ではない場合だってあります。

戦略コンサルタントは、経営コンサルタントよりも、若く社会的な経験も少ないけれど、その分を今まで学んできた経営についての知識で補う形になります。個人的な経験から、解決策を打ち出すのか、学問として学んだ経営についての知識から、解決策を打ち出すのかの違いです。

戦略コンサルタントのほうが、経営者が誰であっても再現性のある方法を打ち出せそうではありますね。1人ではなくチームを組んで、仮説検証をくりかえし、経営知識とリサーチやデータ検証などから、問題解決の方法を打ち出します。そのため、経営コンサルティングよりも多くの人数を必要とします。外資系のコンサルティング会社に勤めている人は、分類上は戦略コンサルタントに入ります。長年チームを組んで戦略コンサルタントをしてきた人が、自らの経験を生かして独り立ちし、経営コンサルタントを始めるということもあります。

 

コンサルティングとは企業の役員などから依頼を受けて、経営についての相談に乗り、解決策を打ち出す仕事です。経営コンサルタントは長年企業の役員を果たしてきた人や、企業を経営して成功した人などが、自らの経験を生かして相談に乗るタイプのコンサルティングを行います。
戦略コンサルタントは、経営コンサルタントよりも若く経験も浅いですが、それを学問として得た経営知識、リサーチ、データ検証などを利用して、1人ではなくチームを組んで問題解決に努めるコンサルティング方法を行います。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム