口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

経営コンサルティング会社の年収はどれくらい?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/31

経営コンサルタントに関しては、企業や実績によりまして、年収額が非常に大きく変わっていきます。

オーソドックスな日本国内の大手の他に外資系企業、個人や中小零細企業で給与システムが違ってきます。

とりわけ外資については、企業内でのポジションにより大きく異なることになります。

日本国内の大手のケースでは他の会社と同じく、階級による差は相対的に少なく、さらに年功的なファクターも加味されてきます。

勤務コンサルタントの平均年収は大手の会社員と同じ

コンサルタントの代名詞ということもできる経営コンサルタントの平均的な年収額については諸説ありますが、日本国内の経営コンサルティング会社で就業しているコンサルタントのケースでは、500~1000万円くらいで、一流法人の会社員と肩を並べるほどのレベルといえるでしょう。

一括りにしてコンサルタントと言いましても、専門とする分野が違ったり、経験値やキャパシティーの評価も様々なので、原則として目安や平均と考えておくべきでしょう。

それに加えて、外資系企業のコンサルティング会社につきましては報酬がとても高いと言われています。

具体的には、年収1000万円をオーバーする高い報酬をもらっている方がたくさんいますが、結果をシビアに求められることは不可避です。

独り立ちした場合は2000万をオーバーする

500~1000万円程と言いますのは、原則としてコンサルティング会社で就業しているケースになります。

独立コンサルタントともなれば、独り立ちした以上一人一人が事業主となりますので、真の実力によりビジネスの売上高が大きく変化してくることもあり、事情は相当異なることになります。

コンサルタントという立場で独り立ちした場合、成功と言われるような水準の年収についてですが、勤務コンサルタントのレベルをオーバーするのは勿論のこととして、2000万円と言われる傾向が強いといえます。

勤め人のコンサルタントから独立コンサルタントという形で新たな形で開業したというようなケースでは、元の給料の3倍程度の利益を目標にするのが、妥当と考えられます。

顧客のスケールも年収に影響を及ぼす原因

コンサルタントの年収額に関しては、クライアントに求めるコンサルティング料が基礎となります。

コンサルティング料金に法的な規制並びに上限はありませんから、高い額面の料金を狙うことも不可能ではありません。

そういった時、相談にとても大きな予算を出せるスケールのクライアントをターゲットにする方がいいと考えられます。

あらためていうまでもなく、契約の取り交わしの獲得のハードルは上がりますし、必要とされる業務の大きさもレベルが高くなります。

ですから、競合においての環境や自分自身のアピールポイント、さらに割けるリソースなどを考慮した上で適正なターゲット設定に取り組むことが売上を押し上げる上で大切になってくるのは言うまでもないことです。

これに対して、小さい規模のクライアントをたくさん保持するという戦略を取るコンサルタントも少なくありません。

コンサルタントには多種多様なバックボーン、出身の業界の人がいます。

そのため、自分自身のアドバンテージとなる業種が中小零細企業中心に形成されているような場合、相対的にリーズナブルな料金でたくさんの企業を同時進行の形でコンサルティングすることで売上高を上げています。

 

経営コンサルタントを手始めに色々なコンサルタント業については、高い収入であることで注目の的となっています。

経営コンサルタントの年収額につきましては公開されてないのですが、一般的に考えて500万円~1000万円くらいになることが多いといわれています。

業界トータルの特徴としまして、従業員が顧客のスケジュールに合わせて出退勤をすることができるフレックス制を導入していたり、月給制ということではなく1年単位での給料を払う年俸制を導入していたりすることが多くあります。

ですから、当人の能力の状況次第で長い時間に及ぶ時間外の仕事をせずに効率的に稼ぎ出すことが可能と言えます。

しかしながら、外資系企業のコンサルタント会社を主として、シビアな実力主義が徹底されていることでも知れ渡っています。

高レベルな人であれば年収額1000万円以上になることも少なくありませんが、結果を出せないと速攻で解雇されてしまうケースもあるので、収入額につきましてはハイリスクハイリターンの傾向が高い業界ということもできるでしょう。

また、コンサルタントの業界に関しては、キャリアアップがとても盛んです。

一層高い収入額をめざすと考えるなら、経験者に適したキャリア採用で同業他社の採用試験に取り組んでみると賢明といえます。

それに加えて、独り立ちして自分自身の裁量によって業務につくのもひとつのルートです。

本業という形でクライアントの相談に乗るのみならず、ビジネススクールもしくは講座を開いたり、経済紙もしくはテレビでコラムを投稿したり、本を綴ったりして戦力として働くことで大きい収入の上昇がめざせることもあります。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム