口コミで評判の経営コンサルティング会社をおすすめランキングでご紹介!中小企業からの依頼にコンサルタントが改善対応!

東京で経営コンサルティングを相談するときの「3C分析」の知識

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/01/22


クライアントと良好な関係を築くのに、用いる3C分析とは、自社や競合、顧客をリサーチすることによって、戦略を考える手法になります。Customer:市場・顧客やCompetitor:競合、Company:自社からそれぞれの頭文字をとったもので、ビジネスを行っていくにおいてそれぞれの関係性を理解するのによく使われています。

市場・顧客や競合、自社から分析します

3C分析は外部環境や競合状況などから事業の成功要因を導きだし、事業を成功に導くため利用されることが多いです。Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の3つの視点から分析を行なっていきます。

この3C分析を考案したのは、経営コンサルティング業界において有名なスクールの学長で、いかなる経営戦略の案件においてもこれら三者のプレイヤーを考慮にしなければいけないと言っています。3C分析を行うことによって、事業の進行方向を把握することが可能です。

マーケティングの本質はいろいろと存在する施策から効率的な方法に資源を投下したり、クライアントから選ばれ続けることによって売上や目的などを達成できるシステムを作り上げなければいけません。そのため市場・顧客や競合、自社の関係性を明示化することが必要です。外部要因の市場や競合、内部要因になる自社を照らし合わせることから、自社の強みや弱みについて分かるようになるでしょう。

分析することによって、市場や顧客のニーズの変化を把握することができたり、競合が顧客の変化にどのように対応しているか理解することが可能です。顧客や競合を踏まえながら、自社が成功できる要因を発見することができます。

どうして3C分析を行うのか、目的を明確にすることによって、分析を行う範囲の方向性がぶれたり広がりすぎることを予防することが可能です。3C分析は方法としては定番で、考えや情報などをすっきり整理することができます。東京の経営コンサルティングに相談すると、いろいろな分析方法を使って最適な改善を提案してくれるので便利です。

自社の強みや弱みを評価することができます

3C分析の方法について、まず市場・顧客の分析から開始します。市場を知らないと自社の強みや弱みを評価することができないので、いろいろな手法を利用することによって効果的に分析することが可能です。

例えばマクロ分析は景気の変動や法律改正、人口や流行など社会的な変化を把握するのに利用することができます。具体的な変化を確認するのに、PEST分析などがおすすめです。

ミクロ分析は業界の構造変化や自社ビジネスに対する影響を検討することができます。業界の競争環境における厳しさを見つめることによって、利益を確保できるかもしれない可能性を把握しなければいけません。ファイブフォース分析などが有効的でしょう。

顧客分析はマクロ分析やミクロ分析などで得た情報について、クライアントの価値観やニーズなどに関してどれくらいの影響を与えているか検討しましょう。商品やサービスなどに関係する一般的なクライアントの動向を分析し、クライアントの具体的な購買や使用行動などを把握することが可能です。

有効な手段としてアンケート調査などがあげられます。いくつかの項目に絞ってアンケートを作成し、その結果を経営に反映すると利益に結びつけることができるでしょう。

ビジネスシーンにおいて使われているいろいろな手法を使うと、効率良くたくさんの情報を整理することができ進むべき道が見えてきます。東京の経営コンサルティング業者に依頼すると、いろいろな分析ツールを使って問題点を明確にすることが可能です。

いろいろな側面から検討してみましょう

競合の分析方法として、競合が市場の変化においてどのように対応するか把握することが目的になります。競合である企業ビジネスの結果や、その結果が出た理由という観点から分析すると良いでしょう。

競合である企業ビジネスの結果について、結果そのものや結果を出したリソースに注目していきます。結果そのものは競合の売上や利益率、広告費といった販売管理費用を調査します。公表されていないような情報が多いので、情報収集が難しいケースもありますが分かる範囲で多くの情報を得るようにしましょう。

リソースに関して資本がどのくらい効率良く使われているか検討し、社員1人や1店舗あたりの売上、顧客1人あたりの売上を調査することによって、リソース利用の背景を調査することが可能です。

その結果が出た理由について、競合がどのように結果を出したか検討していきます。売上やリソース効率をどのように高めているのか明確にすることがポイントです。製品開発や販売ルート、営業方法といったいろいろな側面から検討し、自社で取り入れる仕組みや差別化を図るなど見つけやすくなっていきます。

自社の分析方法について、市場分析や競合分析などを纏め、自社がどのような行動をできるか検討することが可能です。市場の変化や競合が変化に対してどう対応しているのかに関して、自社と比較することをおすすめします。東京の経営コンサルティングは分析結果を見えやすい資料にしてくれるので、社内での会議にそのまま活用することが可能です。

 

東京の経営コンサルティングはいろいろな分析ツールを使って、自社の問題を洗い出すことが可能です。市場や顧客、競合などを分析することによって、自社が活動すべきポイントを明確にすることができます。必要なツールをアドバイスしてくれたり、マスターすることによって業務効率化に繋げることが可能です。

中小企業向けにおすすめ経営コンサルティング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社ブレインマークスアチーブメント株式会社株式会社タナベ経営船井総合研究所株式会社武蔵野
ポイント「社長が3ヶ月不在でも成長する会社」を作る!人材育成で他の追随を許さないコンサルティング会社!豊富な研究、セミナーが人気のコンサルティング会社!業者ごとに卓越した専門的知識を持つ会社!カリスマ的経営者小山昇氏によって率いられる会社!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく




サイト内検索
東京の経営コンサルティング会社ランキング!
経営コンサルティングコラム